2014年問題とは

2014年問題とは

現在、2014年度の東京・金沢間の開通を目指し、北陸新幹線の整備(現在の長野新幹線の延伸)が進められています。

北陸新幹線の延伸は、新潟県上越地区における利便性が向上する一方で、高崎から大宮間における北陸新幹線の需要増大によって、上越新幹線に割り当てられる本数の削減や高崎以北の枝線化が懸念されています。新幹線の減便は、新潟県内の上越新幹線沿線の利便性の低下だけでなく、地域経済に悪影響を与える可能性があり、このことを総称して「2014年問題」と呼んでいます。


北陸新幹線の開通が上越新幹線に与える影響

北陸新幹線の開通が上越新幹線に与える影響

北陸新幹線は(長野新幹線)は、2014年度(平成26年度)に長野駅から金沢地域まで延伸することが決定されています。

これにより首都圏と北陸方面を結ぶ人の流れが、現在の「上越新幹線―ほくほく線経由」から「高崎―北陸新幹線」へと変わるため、高崎以北の上越新幹線利用者の減少が予想されます。

さらには、将来的な北陸新幹線の延伸による需要増大によって、高崎以北の本数削減や枝線化などが懸念されています。

この問題による影響は、新潟県から羽越本線で結ばれる秋田県南部までに及び、経済活力の低下や他の地域との格差拡大など、より深刻な問題に直結する可能性を秘めています。


北陸新幹線の開通による影響

北陸新幹線の開通による影響

2014年問題への対応

- 圏域が一丸となって -

上越新幹線の利用促進のためには、2014年問題の重要性をより多くの方から理解してもらい、そのテーマのもと圏域が一致団結し、各地域の取り組みや情報の発信などについて、行政・企業・団体・地域・住民それぞれが戦略的かつ主体的に取り組んでいく必要があります。

また、身近な地域はライバルではありません。各地域の持つ魅力をそれぞれが認識し合い、横断的にネットワークすることで、地域の弱点を補いつつ広域全体としての魅力を向上させることが可能となります。

加えて、情報交換や共同での調査研究により、関連プロジェクトへの発言力を強めていくとともに、関係者の一体感を醸成して行く取り組みも必要です。


対応に向けた課題

対応に向けた課題

課題克服の手段

課題克服の手段

取り組み目標

取り組み目標